ある程度の口臭は誰にでもあるものです。特に起床時、空腹時、緊張時には、唾液の分泌が減るため生理的口臭が発生しがちで、これは多かれ少なかれ誰にでも共通して起こり得るいわば生理現象です。

しかしながら、口臭がある程度強いと判断される場合には、歯槽膿漏、歯周病、治療した詰め物や被せ物の不具合、舌の汚れ、鼻やのどの病気 、内科的疾患などが原因になっている場合があります。

特に歯槽膿漏、歯周病は、口臭の原因の8割を占めると言われているのです。

歯周病の原因である歯石や汚れが多くなると、歯茎に炎症が起こり細菌以外にも、たんぱく質含む血液や膿などが出るので、口臭を引き起こします。

口呼吸ばかりしていると、お口の中が乾燥状態となり唾液が少なくなり、お口の中の歯周病菌や虫歯菌が増えて、口臭の原因になります。

虫歯や、治療後の不具合で隙間などの部位に歯垢や汚れがたまり、たんぱく質が多くなって、口臭が起きます。

体調が良くないときなど、舌の表面に白っぽいものが付着することがあります。これは歯垢と同じようなもので、やはり口臭の原因になります。

鼻やのど、消化器官、全身の病気などが口臭の原因になっている場合も考えられます。胃腸と口臭の因果関係も大変大きいのです。

パーフェクトペリオは、 口の中の虫歯菌や歯槽膿漏・歯周病菌を、毎日10秒間うがいすることにより、ほぼ完全に溶菌することが出来る機能水です。

歯周病治療の全く新しい治療法として注目され、マスコミでもパーフェクトペリオが紹介されています。

口臭の原因の8割を占める歯槽膿漏や歯周病を改善していくことで、口臭予防を対策することができます。

実際に口臭のお悩みでいらっしゃった方の治療例を詳しくご紹介しています。それぞれの治療例で、口臭治療前と口臭治療後の写真を見比べてご覧いただけます。

歯周病・歯槽膿漏のお悩みやお聞きになりたいこと、または、口臭に特化したご相談、口臭にまつわるお悩みを、米国歯科大学院卒のDr.天野が、承ります。お気軽に メールください。